面取り機

プレート面取り機

BDS Maschinen社、ドイツの次世代面取りと面取り機。 BDSは、主に4種類の面取り機、自動送り板面取り機、携帯型面取り機、面取り機、およびヘビーデューティ面取り機を製造しています。

AutoCUT 500 – 完全自動送り板面取り機。自動的にシームレスに調整可能なフィードを使用して溶接シームミリング:迅速で柔軟性があり、ミリング角度が可変です。インレット/アウトレットレールは、AutoCUT 500自動フィードプレート面取り機の取り扱いが非常に簡単で安全です。

ミリング角度は15°〜60°の間でシームレスに調整できます。

  • 単純、安全な扱い
  • 長さに制限がない
  • ガイドの必要がなく、土台を問わず利用可能
  • プレートの厚みは10ミリ~40ミリまで
  • ミリングカッター、6個のカーバイドインサート付き

SKF 25 – 溶接継ぎ目を素早く簡単に作成できます。 22 kgの重さのSKF 25斜面加工機は、扱いやすく、滑らかなローラーで正確にガイドすることができます。その結果、完全に溶接された継ぎ目のためにエッジが均等にミリングされます。

  • 最大15 mmの面取り幅
  • 15°から60°までのシームレスな角度調整
  • 人間工学に基づいたハンドル付き ガイドローラで簡単にガイド
  • ノーマルスチール、アルミおよび非鉄金属の面取り用

EKF 300シリーズ – プロフェッショナルな面取りおよびバリ取り作業に最適なエントリーレベルのシリーズ。フライス盤BDSには、妥協のない新技術が組み込まれており、多くのアプリケーションで優れた品質の切削エッジが得られます:

  • きれいな、ミル加工されたエッジ
  • 使いやすい
  • 面取り幅の正確な設定
  • 開き角
  • 低強度材料で簡単に使用できます。
  • ほとんどすべての輪郭にシーム溶接を行います

EKF 500&EKF 600シリーズ – ラインシリーズのハイエンドトップ。可変速度および全波制御エレクトロニクスを備えたコンパクトシリーズ。 BDSの新しいEKF 500&600シリーズは、最高のパフォーマンスと最適な快適性を実現するように設計されています。新しいフライスヘッド技術により、EKFマシンは、急な動きやジャンプをすることなく、低速で動作することができます。結果は、丸め処理を行っても最適にミリングされたエッジです。 EKFマシンは、バリ取り、ベベル、溶接シームの作成に最適です。

  • 可変速度制御
  • 4つのカッティングエッジを備えた超硬インサート
  • 新しい人間工学的設計 回転支持ディスク